Pococha(ポコチャ)では配信中に音楽を流してOK?

Pocochaでは著作権を管理している機関(JASRAC/NexTone)に楽曲の著作権使用料をお支払いし、著作権の許諾を得ている為、JASRAC/NexTone管理楽曲については事前に申請をすることで音楽を流すことができます。

JASRAC/NexTone管理楽曲について申請してできること

・Pocochaのカラオケ機能を用いた配信

・楽曲の生演奏や弾き語り

・アカペラ

・歌詞の朗読

・自分でデータを入力して作成した音源の配信

※Pocochaのカラオケ機能以外を用いたカラオケ配信(店舗でのカラオケ配信など)は行うことはできません。

 

JASRAC/NexTone管理楽曲でない楽曲についてできること

・自分で作成した楽曲である場合

・著作権を管理委託していない楽曲で、著作者等の権利者から直接許諾を受けている場合

 

ー申請手順

1.プロフィール画面より[設定(右上の歯車マーク)]をタップ

2.[使用楽曲の報告]をタップ

3.フォーマットに従い[作品コード]と[使用日]を記入

※複数曲を使用する場合は、[使用楽曲]のフォーマットを追加してご記入ください

4.最下部の[登録する]をタップ

JASRAC、NexToneの作品コードは[使用楽曲の報告]ページ最下部のリンクから検索が可能です。

 

ー注意事項

・楽曲を利用される前(配信の前)の申請をお願いいたします

・メドレーの場合は、含まれている楽曲全てをご報告ください

・「アカペラ」「弾き語り」以外の楽曲の使用については他の人や、他の人の著作物を配信することをご確認ください

 

 


 

市販のCDやDVD、ストリーミングサービスの音源を使用しての配信

市販のCDやDVD、ストリーミングサービスの配信を使用する場合は、PocochaがJASRAC/NexToneから得ている著作権の許諾とは別に、アーティストやレコード会社からの著作隣接権の受諾が必要となります。


※Pocochaにおいて、著作隣接権の受諾を代行することはできません。







カラオケボックスでのカラオケ配信は禁止

上記のルールに従い、音楽を流して配信するのは大丈夫ですが、カラオケボックスのカラオケ音源を使用してのカラオケ配信は禁止となります

一般的な楽曲とカラオケボックスのカラオケ音源は著作権の所持者が異なります。

Pocochaではカラオケ音源の使用は認められていません。

カラオケボックスでカラオケ配信をしてしまうと、著作権の侵害として配信が強制終了されてしまう場合があります。

ただし、カラオケ音源を使わなければカラオケボックスからの配信は問題ありません。

以下のようなパターンの配信はOKです!

  • カラオケボックスで雑談配信
  • カラオケボックスで弾き語り配信
  • カラオケボックスでアカペラで歌う
  • 事前申請をした上で自宅で自分で曲を流しながら歌う

カラオケ機能の使い方

カラオケ機能とは

配信中にライバーがカラオケをお楽しみいただける機能です。

約1万曲から選曲することができます。

※楽曲は随時追加・削除を行って参ります。

使用方法

配信画面にて、画面下のマイクのアイコンをタップすると、曲選択画面が開きます。


曲選択画面について

①検索    曲名、歌手名で曲を検索することができます。

②人気曲   アプリ内で人気の曲が表示されます。

③履歴    自分が過去に歌った曲の履歴と、Pococha全体で歌われた曲の履歴が表示されます。

④マイリスト 自分がマイリストに追加した曲が表示されます。

⑤マイリストへの追加 マイリストに追加するには、曲名の右に表示される★マークをタップしてください。

 

再生中の配信画面について

①再生時間   曲の再生時間を表示します。早送り、巻き戻しがしたい場合はバーをスライドしてください。

②最初から歌い直す 曲の最初から歌い直すことができます。

③設定     ミュージック音量、マイク音量、ガイド音量、キーの設定ができます。

※キーの設定は、iOS端末では±24まで、Android端末では±7までとなります。

④一時停止   曲を一時停止することができます。

⑤終了     曲を途中で終了することができます。

 

再生中の視聴画面について

ライバーがカラオケ機能を使用している場合には、画面左上に曲名が表示されます。カラオケの音声は聞こえますが、歌詞は表示されません。


Pococha(ポコチャ)以外の配信アプリでの音楽使用はアプリごとに確認が必要

Pococha以外の配信プラットフォームでも同じように楽曲使用が許可されているとは限りません。

配信中に音楽を流しても良いかどうか、どのように音楽を使用すれば良いかはそれぞれの配信サービスの規約によるので、サービスごとに確認してみてください。

配信で音楽を上手く使おう!

Pococha(ポコチャ)の配信では「アカペラ」「弾き語り」「Pocochaで実装されているカラオケ機能」に限り事前に申請をすることで音楽を流すことができます。

音楽についてリスナーさんと話が盛り上がったり、アカペラや弾き語りのリクエストを受けられたりと、配信が盛り上がるきっかけになるので、Pocochaの配信では音楽を上手く使ってみると良いかもしれません!

MUUL! (ミュール)トップページへ


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です